●筋肉のタイプを決める遺伝子(ACTN3)

遺伝子の特性により効率よくトレーニングを行えば骨格筋量が上がる。

・パワー型
・中間型
・持久型

●遺伝子別トレーニング

・パワー型 →高い負荷 少ない回数
・中間型 → 負荷を下げる 回数を増やす
・持久型 →負荷をもっと下げる 回数をもっと増やす

●週一のからだの測定

●GPS内蔵センサーで選手の動きをチェック

低速 中速 高速 の試合中の走りを分析。

●睡眠の質

睡眠中の心拍変動を測定。
心拍のゆらぎで体調を確認。

Related Post