商品やサービスの価格は私たち消費者、そして提供する側のどちらにとっても重要なものです。

その価格をAI(人工知能)が決めるというダイナミックプライシング(Dynamic Pricing)が広がりをみせています。

ダイナミックプライシングとは何か、私たちの消費行動にどのような影響もたらすかについてご紹介します。

ダイナミックプライシングとは需要と供給の状況に応じて価格が変動することです。

普段ならこの価格では利用しないのに、どうしてもその期間にしか休めないからという理由で需要が増え、価格が高くても納得して購入しています。

飛行機や宿泊施設は供給量が決まっており、在庫は売上損失につながります。

早割や眺望がよくない部屋の価格を下げるのもこのダイナミックプライシングの考え方です。

最近ではAI(人工知能)を用いたダイナミックプライシングが導入され始めています。

価格戦略は企業にとっての生命線なので、今後もAI(人工知能)による価格決定のシステムを導入する企業が増えていくでしょう。

現在では北米の4大スポーツのNFL(プロアメリカンフットボールリーグ)、MLB(メジャーリーグベースボール)、NBA(プロバスケットボールリーグ)、NHL(プロアイスホッケーリーグ)のチケットはダイナミックプライシングにより決められた価格で販売されています。

それまで、スポーツ観戦のチケット価格は一律というのがあたりまえでした。

それらをすべて数値化して分析し、顧客満足度と利益が最大化する価格を決定します。

購入する側も納得した価格であるということがポイントです。

実際にアメリカでMLBとNHLの試合を観戦しましたが、チケットは対戦カードによって価格がかなりちがいます。

各チームはダイナミックプライシングのシステムを導入し、独自にカスタマイズを行いチケットの価格を決めているのです。

ダイナミックプライシングは日本のプロ野球でも採用が始まっています。

消費者が納得し、売り手の収益も最大化できる価格をAI(人工知能)が弾き出す。

今後は、AI(人工知能)によって私たち消費者も納得できる価格で買い物やサービスを受けることができるようになり、売り手も過度な値引きや在庫を抱えることなく、収益を確保することができるかもしれません。

(※引用元:https://news.hoken-mammoth.jp/dynamicpricing/)

キーワードサマリー

人工知能
消費者
高い価格
電気料金
ダイナミックプライシング
スポーツ観戦
最大化
対戦カード