【オーディブル・対談】吉田尚記の工夫を凝らした大人の本音 #1 作家・脚本家の冲方丁

【オーディブル・対談】吉田尚記の工夫を凝らした大人の本音 #1 作家・脚本家の冲方丁

あらすじ・解説

Audibleと「ゲームの企画書」など質の高い記事に定評のあるニュースサイト・電ファミニコゲーマーの共同企画でお送りするポッドキャストシリーズ「吉田尚記の工夫を凝らした大人の本音」。 ホストにニッポン放送のアナウンサーである吉田尚記氏を迎えた本シリーズ企画では、“クリエイターや専門家が本音で語れる場を提供する”をコンセプトに、さまざまなゲストをお招きして、今まさに考えていることや素の魅力を深掘りし、大人の好奇心をそそる対談企画をお送りする。

記念すべき初回は作家・脚本家の冲方丁氏。

少年時代を海外で過ごした冲方氏から見た日本語と日本文化、日本と海外の小説観の違いから、ゲームと教育の関係、そして、コロナ禍に見舞われた2020年の日本を洞察する鋭い言葉の数々・・・。 聴く者の知的好奇心をゆさぶる、贅沢な2時間。

©Mare Inc. (P)2020 Audible, Inc.

オーディブルとは?

Audible とは、プロフェッショナルのナレーターによる朗読で、オーディオエンターテインメント・情報・教育関連のコンテンツを制作・配信しているAudible Inc. の通称であり、またそのサービスを言う。 本社はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアークにあり、自社の制作スタジオを持つ。by ウィキペディア

【オーディブル・対談】吉田尚記の工夫を凝らした大人の本音 #1 作家・脚本家の冲方丁” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください